不眠症改善のアイデア

 

不眠症改善のアイデアへようこそ!

当サイトでは、寝つきが悪いとか、そもそも全く寝付けない原因は何なのかを、分かりやすく解説しています。不眠症といえば、そのような入眠困難が主流ですが、夜中に目覚める、朝早く目覚める悩みを持っている人も、けっこういるのです。

不眠症を改善するためには、不眠の原因を特定することは、もちろん大切です。
しかし、なかには色々な要因が絡み合っているケースもあり、一筋縄ではいかないこともあります。

たとえばストレスによって眠れない場合。
日中に大変な仕事を任されたり、悩み事があると、夜になっても交感神経が優位になって、なかなか寝付けないものです。そうすると夜食を取ったり、強い光を発するパソコンを夜中に見続けたりして夜更かし癖がつきます。

この場合、もともとはストレス性の睡眠障害であったのが、夜食、強い光といった要素が加わり、概日リズム睡眠障害に発展しています。こうなると、これを解きほぐすのは難しくなります。

とはいえ、どこかで不眠症を改善しなければなりません。
そのきっかけは太陽の光です。もちろん朝日を浴びることが、もっとも理想です。午前9時ごろまでの太陽の光に当たれば、メラトニンの分泌がストップし、体内時計が自転周期と同期するからです。そのほか昼間の太陽にあたることも、睡眠改善にとって意味があります。適度な疲労感が睡眠物質を生み出すからです。

不眠症を改善しようとするとき、見逃せない症状が睡眠時無呼吸症候群です。
これは一晩のうちに低呼吸や無呼吸が最低5回は繰り返されます。イビキをかくことが特徴です。呼吸関連睡眠障害になると、脳や心臓への酸素供給量が減少するので、脳や心臓がダメージをうけます。日中の眠気も深刻です。新幹線の運転士が、この睡眠障害になり、事故寸前で自動制御装置が作動した事件もありましたね。

不眠症の改善法と栄養

不眠症を改善するには、じつは医師に処方される睡眠薬に頼らずとも、自分でできることがいくらでもあります。たとえば食事から、快眠の栄養素を摂取する方法。

オススメはトリプトファンやカルシウム、ビタミンB群などを含む牛乳
同じくトリプトファンやギャバ、ビタミンB群、大豆ペプチドなどを含む納豆
メチオニンやビタミンB12、ギャバを含む味噌や醤油。ビタミンB12やナイアシン、DHAを含む青背の魚、といったところです。じつは昔ながらの日本食に、快眠の効果があったわけですね。

そのほか不眠症を改善する栄養素として、錠剤から睡眠サプリメントを摂取できます。グリシンやアルギニンといったアミノ酸ですね。これらは、ノンレム睡眠を深め、成長ホルモンの分泌量を増やす働きがあります。眠りが浅いという人には、ぜひおすすめします。グリシンはえびやほたて、アルギニンは肉や大豆などに含まれています。ドリエルやグッスミンといった、市販の睡眠改善薬を活用するという選択肢もあります。

当サイトが不眠症改善のヒントを示すことによって、皆様が健康で快適な生活を送っていくためのキッカケになれば幸いです。

不眠症を改善させる秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら
不眠の対策について・・・光の調節が大切。
不眠改善に有効な秘訣とは?・・・食事と運動のコラボレーション
不眠対策のコツとは?・・・昼間の活動レベルを高める
不眠の改善と睡眠薬ルーム・・・不眠薬は依存性があるので注意が必要。
不眠症を改善する方法・・・無料でできるもの、グッズを使うものなど、いろいろある。