不眠症改善のアイデアTOP > 不眠症克服のポイントとは?〜メラトニン > アルコールと睡眠の関係って?

アルコールと睡眠の付き合い方、危険性

 

アルコールは睡眠に効果があると思って、睡眠薬がわりに利用している人も多いと思います。

たしかにお酒を飲めば、そのあと眠くなってきて、スムーズに眠れるところがあります。それは晩酌などでアルコールを飲むと、急激に体温が下がるため。また少量の酒ならば、脳内の抑制性神経伝達物質であるギャバ(GABA)が増加します。これによって脳幹網様体にあるドーパミンやノルアドレナリンを減少させるため、眠くなるのです。

「少量の酒ならば」という条件付きで、アルコールは睡眠に役立つといえます。
また「酒は百薬の長」といわれるように、健康増進の効果も期待できます。

多量のアルコールは睡眠を浅くする

ただアルコールは飲んでいると、どうしても耐性がついてきてしまいます。
そうなると、だんだんナイトキャップの量が増えることに。酒の量が増えると睡眠が浅くなることは、よく知られています。たくさんお酒を飲んだ夜は、夢をたくさん見るのは、このためですね。浅いレム睡眠が多く出現するからです。

アルコールは睡眠サイクルのなかで、まずはいきなり深い眠りに入っていきます。そのため寝つきはいいわけですが、そのあとに睡眠が浅くなってしまいます。眠りにとってもっとも大事といわれる3時間以内のノンレム睡眠が浅くなってしまうのです。つまり第3、第4段階の眠りが取れなくなるということですね。

アルコールを飲むと、約3時間後にアセトアルデヒドという毒素に分解されます。このため、喉がかわきます。そうなると交感神経が刺激されるので、目が覚めてしまうのです。そのため晩酌をする場合は、寝る前の3時間までには済ませておく必要があります。そうすればアルデヒドが分解されたときに、交感神経が優位になっても、それで起こされることがなくなります。

ただアルコールは睡眠中に、尿意をもよおして、トイレにいきたくなる問題もあります。かなり水分を取っているので、当然ですよね。人によっては、寝る前にトイレに行きさえすれば、中途覚醒しない人もいますが・・・。

大切な成長ホルモンが分泌されなくなる

いずれにしても、大量のアルコールは睡眠を浅くします。 これは深い眠りであるノンレム睡眠が減少するということ。それは成長ホルモンの分泌量低下につながっていきます。成長ホルモンは寝ている間に、体の細胞を修復したり、免疫力を高めたりしています。そのほか脂肪を燃焼したり、お肌の手入れもしています。

多量のアルコールは病気の元

もっとも最悪のパターンは、大量のアルコールを飲んですぐに睡眠を取る場合です。そうなると寝る前に飲んだアルコールの分解作業がつづきます。またおそらくは酒の肴、つまみも取っているでしょうから、その消化・吸収作業が寝ている間中、ずっと続きます。そうなると、とても深い眠りに入れず、成長ホルモンが減少して、病気になる可能性があります。しかも、毒素が分解されるため、夜中に目覚めてしまい、睡眠の質は著しく低下します。

アルコールを睡眠の眠り薬として利用していると、どんどん量が多くなり、ついにはお酒なしには眠れないようになります。アルコール依存症ですね。こうなると断酒をしたからといって、不眠症はすぐにはよくなりません。それは脳が萎縮して形が変わってしまっているからです。アルコール依存症専門の外来もあるようですから、長い目で見て少しずつ改善していくしかなさそうです。

もし不眠症を改善したいのなら、アルコールによる寝酒にたよるのではなく、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(睡眠薬)のほうが安全です。これならアルコールのように脳が萎縮して、断酒をした後も不眠に苦しむことはありません。医師に言わせると、現在の不眠の薬はアルコールよりもずっと安全だそうです。

不眠症を改善させる秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら