不眠症改善のアイデアTOP > 不眠症克服のポイントとは?〜メラトニン > 不眠症とは何だろう?

不眠症は睡眠障害のひとつ

 

不眠症とは、全く眠れないという病気や症状である、そう思っている人も多いかと思います。実際はどうなのでしょうか?

不眠症とは、睡眠障害の一つです。
睡眠障害とは、夢遊病(睡眠時遊行症)や夜驚症、おねしょ、いびき、歯軋り、寝言などの、睡眠時の異常行動を含みます。そのほか睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群、睡眠時随伴症、過眠症(ナルコレプシー)。あるいはストレス性睡眠障害、薬物依存性の不眠、概日リズム睡眠障害などなど。不眠症は、国際分類で90種類ある睡眠障害のうちの、ひとつの症状なのです。

不眠症とは、とくに原因が見当たらない、原発性の症状とされています。
単に寝付けないとか、一睡も出来ないことだけを不眠症と考えがちですが、以下の四つの症状すべてが不眠症です。

  • 入眠困難(寝つきにくい)
  • 中途覚醒(夜中に目覚めて、再び寝付けない)
  • 早朝覚醒(朝早く目覚めて、それ以上眠れない)
  • 熟眠障害(睡眠時間は確保していても、熟睡感がない)

あなたは、どの部類に属するでしょうか?
人によっては、複数の不眠症状をかねていることもあります。たとえば寝付きにくく、夜中にも目覚めやすい。そして、そのあと寝付けないというタイプなどですね。眠りが浅いと睡眠を持続できなくなります。寝室の温度やアルコール、メラトニン分泌量の低下などが、不眠症の原因のことがあります。高齢になると、メラトニン分泌量が減るために、途中で目覚めたり、早朝に目覚めたりするのです。

神経性の不眠症

不眠症とは、上記のような四つに分類できるわけですが、不眠症そのものといってもいい症状は、神経性の不眠です。神経症が根底にあるわけです。たまに人は眠れないこともありますが、神経症がある人は、「今日もまた眠れないのでは?」と考えてしまい、眠いのに眠れなくなります。このように「寝れないのでは?」という予期不安を持ってしまうため、交感神経が緊張して、不眠症となるのです。これらの症状は、精神生理性不眠ともいいます。

ただ精神生理性不眠といった場合、イコール神経症ではなく、ちょっと気にしすぎの傾向がある場合も含むようです。精神生理性不眠がなかなか根強く、慢性的に続く症状の場合、神経症が根底にあることがあります。

主観的に眠れていれば不眠症ではない

不眠症とは、以上のように客観的に判断できるものですが、それが主観を超えることはありません。つまり、いくら客観的に不眠症状に当てはまるといっても、本人がそのことで苦しんでおらず、日常生活にも全く支障がなければ、それは不眠症とは言わないのです。この場合は、当然のことながら、不眠症の改善という考え方は存在しません。

世の中には、3〜4時間の睡眠でも十分という短時間睡眠者(ショートスリーパー)が存在します。でも熟睡感があって、はつらつと毎日を過ごせるのなら、それは不眠症ではありません。

そのほか、全く寝ない人もいます。
何かの事故がキッカケで、あるいは突然、眠らなくなるのです。脳の睡眠中枢とか覚醒中枢のどこかに変化があったのか、医学的には分かっていません。しかし、そういった人たちは、健康的に毎日を送っているそうです。この場合も「寝れない」のではなく、「寝ていない」だけであって、不眠症とはいいません。

不眠症を改善させる秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら